2011年お世話になりました(^^)/来年も気張ります

20120121相談会チラシ01
未曾有の大震災・大津波高慢・過信も窺える原発事故、見通しのない理不尽な負担が
続くなか、 人は人の繋がりがなければ何もできないこと を改め噛みしめ そして、 
私達も決して忘れてはいけない 堅実で謙虚な思いを強く心に刻んで、来年に向かいます。
年が明けますと 比叡颪・愛宕颪も本番の京都です、12/17~1/20の月間テーマと同様に
1/21~2/17も[寒さ]に関する事と[エコ]をテーマとしています。そして[防災]のことは
通年のテーマとして、
もちろん 来年もテーマ以外に 何でも気がかりなことご相談下さい。
私たち【えんの会・京都】です

床下からの「冷気」「[断熱」のご相談です

床下断熱
京町屋の床下 現代工法ではありませんので、地面の中からの「湿気止め」対策は少ないです。
[防湿フィルム敷き]を提案しています。 改修する板間の下地には[断熱材]を推奨しています。
畳間から板間へのリフォームの場合・・ もともと畳の特性には[断熱性]と[クッション性]
家屋の変化に対する[追従性]‥など 長所が沢山ありますから、
これに対応する考慮は欠かせません・・     【えんの会・京都】現場より報告でした。

目白押し!講習会報告!!

国交省監修:耐震補強の実務研修でした
冬期は講習が目白押し!本日ありました講習会に参加の、当会々員から・【木造住宅の耐震改修に関する技術講習会】『耐震補強とリフォーム工事実例を、延べ三時間三十分、ミッチリ勉強してきました。』との報告がありました。これらの内容は早速、会の勉強会で参加者より説明・報告が有り、全員の知識としていま~す  私たちスゴク 熱心です(^O^)v

「長寿命化リフォーム]というセミナー受講

長寿命化リフォーム講習
スクラップあんどビルド;;そんなやり方は過去のモノですし‥ましてやエコではない
築年数を経た住まいが次の世代に住み継がれる。その為には不具合が生じてから行う
修繕や設備の更新
といった[従来型のリフォーム]の考え方と事前に建物診断を行い
長期的な計画のもとに住まいの管理を行い 結果、耐久性快適性を維持して行く

[長寿命化リフォーム]と言う考え方、 そんな時代に入っているのですね
  【えんの会・京都】会員皆、向学心旺盛です ご相談下さい(^^)/

被災宅地危険度判定・講習会に参加して

被災宅地危険度判定
   地震や豪雨の際に(・・決して望まれない) 宅地崩壊など
   被害が発生し 緊急!に危険度の判定が必要になった時

   行政からの要請に応じヘルメット、専用服、腕章、安全靴、軍手等を
   装備し、現場へ出動→被災状況を判定する一連のボランティア活動の
   講習会を受講してまいりました。
これら活動も、『住まいを守るボランティア』
   を表題とする [えんの会・京都]の活動に 考えを同様にするモノと   
       今後とも 講習・研修に努め参加してまいります。(^^)/
プロフィール

Author:えんのかい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR