3月住まいの相談会

201203相談会チラシ0001
3月から4月のテーマ、私たちは忘れない [防災]について、
再確認をしましょう
 【えんの会・京都】、住まいに関する
  どんなことにも対応します(^^)/ ご相談下さい

「まちの絆が命をまもる」シンポジウム参加

まちの絆が命をまもるシンポ
先の1.17阪神淡路大震災、巡る1年の3.11東日本大震災、私たちは防災に
無頓着でイイはずは無いです。
京都には盆地を囲む4活断層と日本海に伸びる断層系あり、その先には
若狭湾沿いの原発群も点在しますし、大阪湾に続く断層系の先には関西で心配される
東南海地震帯・・決して地震に無関係の「千年の都」では無いこと再確認しました。 
今、発生するかも知れない!明日かも知れない、三年先かも 十年さきかも・・・
いつか判りませんが 遠くないその時に いずれ発生します、 地震
本日3月10日、(財)京都市景観・まちづくりセンター/主催、京都市/後援の
まちの絆が命をまもる/防災からはじめるまちづくり】に学識経験者のパネリストの方々
、表題に興味をお持ちの 多くの市民のみなさんが参集され  熱く開催されました。
 本会々員も参加、勉強させて貰いました、これからの活動の指針として活かします所存
            私たち絆を紡ぐ [えんの会・京都] です。 

春がすぐそこに・・

三寒四温の頃です、乾期の真冬と異なり 湿度が上がってきます
2月~3月にかけての相談で多いのが『結露』ですね

先日のご相談の一つに、 「2階の天井にシミが出ているんです、
原因調査してもらえませんか?」
のお尋ねがありました。 さっそく訪問し
押入の天井から屋根裏に入りまして 投光器で明るくして
チェックしてみました。 
 築後50年程前のマダ、断熱化の以前の
お住まいです、 釘や筋違い金物に錆が発生し、その附近の天井板に
シミが発生していましたのです。
 
          きっと、
室内と小屋裏の温度差/湿度差で金属面に露が発生しポタポタ 
きたのかと
小屋裏の換気も不十分でしたし、有効な換気処置と、キッチリとした
断熱材の補充充填の案内をさせてもらいました、が 
      こう言うケース 結構ありますネ

・・それと 突然大きなシミを発見した際などに、パニックの余り
面識ない業者さんに連絡され・・言われるがまま 客観的に専門家が判断して
100%必要ない「小屋裏換気扇設置」などを、十分に検討せず購入・設置され、

    後になって 被害を訴えられる話も、結構聞きます。

『緊急事態です!』『今すぐ手当てをしないと取り返しが付かなくなります!』
   などの説明に パニックにならないよう、落ち着かれ
 客観性を持つ専門業者さんに、チェックして貰うと良いでしょうネ

尚、不安が残るようでしたら 相見積もりをお願いするなども懸命でしょうね。
 住まいは生き物です、四季に対応し変幻自在に変化します
 その都度、適時・有効な 処置をしますと 長持ちしますヨ!


私たちえんの会・京都です、何なりとご相談下さい。(^O^)/
プロフィール

えんのかい

Author:えんのかい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR